主催公演・イベント

  • 主催公演

2019年03月02日(土)

さきらで一人ピアノリサイタル2018-19 オリジナルコンサート

大ホールで披露する、わたしのオリジナルコンサート。

「さきらで一人ピアノリサイタル」とは、ピアノを愛する方々に音響効果の優れた反響板仕様の大ホールで、コンサート用グランドピアノによる贅沢な舞台練習を行っていただくことを目的とした企画です。
その「さきらで一人ピアノリサイタル2018-19」の登録者のうち、希望者9名によるオリジナルコンサートを開催。
今回は、さきらが所有する3台の外国製グランドピアノのうち、ドイツ・ハンブルク生まれのピアノ「スタインウェイD274」を使用して、出演者が各々のプログラムを披露します。
講評には、ピアニストの塩見亮氏を迎えます。
ピアノに親しむ贅沢な一日をお楽しみください。

■オリジナルコンサート出演者(五十音順)
井口 由美
北岸 恵子
桑島 憲子
瀬戸 花音
竹田 晴稀
苗村 真紀子
馬場 杏菜
元川 琴琳
森田 実恵子
 
■講評
塩見 亮(ピアニスト)

■使用ピアノ
スタインウェイD274

公演概要

開催日
2019年03月02日(土)
時間
13:00開演(12:30開場)
会場
大ホール
入場料
無料(整理券が必要です)

整理券は栗東芸術文化会館さきらチケット窓口にて1月26日(土)より配布開始
主催
栗東芸術文化会館さきら
企画制作
トールツリー(株式会社ケイミックスパブリックビジネス)

講評者プロフィール

塩見 亮

京都市立堀川高等学校音楽科(現京都市立京都堀川音楽高等学校)、東京藝術大学を経て渡独、マンハイム音楽大学大学院研究課程室内楽・歌曲研究科、芸術家育成課程、演奏家育成課程をそれぞれ最優秀で卒業、ドイツ国家演奏家資格取得。これまでにピアノを市川直子、故丸山博子、矢部民、浜口奈々、Paul Danの各氏に、室内楽をPaul Dan、Susanna Rabenschlagの各氏に師事。第47回全日本学生音楽コンクール大阪大会高校の部1位。平成19年度平和堂財団芸術奨励賞、平成24年度大津市文化奨励賞、第24回、第32回京都芸術祭京都府知事賞ほか受賞多数。国内外におけるリサイタルやオーケストラと共演など、ソリストとしての活動のみならず、室内楽奏者としてTVやFMへの出演、㈶青山財団よりTrio Rintonareのコンサートに対して2008年度バロックザール賞を受賞するなど、共演者から厚い信頼を得ている。Duo Schlügelzeug、Trio Rintonare、Ensemble Vitra各メンバー。
現在、京都市立芸術大学音楽学部、相愛大学音楽学部、京都市立京都堀川音楽高等学校非常勤講師。
2019年5月にDuo Schlügelzeugコンサートを栗東芸術文化会館さきら小ホールにて開催予定。

お問い合わせ

栗東芸術文化会館さきら
〒520-3031 滋賀県栗東市綣二丁目1-28 TEL:077-551-1455 FAX:077-551-2272

PAGETOP